おもしろき事も無き世を面白く…

アクセスカウンタ

zoom RSS 記憶に残るラストシーン

  作成日時 : 2005/05/18 01:07   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
遠い昔に薄汚い劇場で観たのだが、今でも鮮明に心に焼き付いている映画がある。
そんなに多くの映画を観ている方ではないが、心に残るラストシーンの括りでマイベスト3は以下である。

1.カサブランカ(ハンフリー ボガート 、イングリッド バーグマン)1942年
2.夜の大捜査線(シドニー ポワチエ、ロッド スタイガー)1967年
3.さらば友よ(アラン ドロン、チャールズ ブロンソン)1968年

これら名作にひけを取らないラストシーンの映画に昨年出会った。
佐々部清メガフォンの「チルソクの夏」
何処にでもある高校生活を淡々と追いながら丁寧に撮った映画だった。
凛として頑張る水谷妃里の郁子。素朴だが一途な淳評の安君。
そして5番ゲートの洒落たラスト。

私の場合「映画はラストだ!」といつも思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
カサブランカ・・・私も最近観ました。現代の若者が聞くと「はぁ?」って言われそうな台詞がたんまり出てきますが、この映画の中では心に突き刺さりますよね。
古い映画でも、いい映画はたくさんあって、若い人にもっと観てほしいですね。
あっ。私も佐々部映画好きです!
秋桜
2005/05/22 09:19
秋桜さま
カサブランカ良い映画だったでしょう。
ハンフリー ボガートの粋な台詞。イングリッド バーグマンの凛とした美貌。
いつの日にか、最も好きな映画監督佐々部清さんにこんな粋な大人の恋物語を撮って貰いたいものです。
例えば…「風の盆恋歌」石川さゆりの歌でヒットしましたが、その原作小説です。
♪♪美しいあの頃の私を抱いて欲しかった♪♪
あっ!不倫ものです(笑)
春風
2005/06/08 15:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
記憶に残るラストシーン おもしろき事も無き世を面白く…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる