おもしろき事も無き世を面白く…

アクセスカウンタ

zoom RSS 私の好きな高杉晋作…その1

<<   作成日時 : 2005/06/25 12:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
幕末の風雲児「高杉晋作」は多くの漢詩、和歌、戯れ歌を遺した。

ブログ名とした「おもしろきことも無き世を面白く…」は辞世のそれとして有名だが、野村望東が「すみなすものは心なりけり」と次いだが道徳的というか、模範解答みたいであまり好きでない。
晋作自身の下の句を遺して欲しかった。

細君将到我閑居  妾女胸間患有余
従是両花争艶美  主人拱手莫何如

細君が我が隠れ家にやってきた 愛人うのの心痛はいかばかり
両女の火花が飛び交い 私は手をこまねいておろおろするばかり
(私の勝手意訳)

下関にて愛妾「うの」と束の間の平穏な日々を過ごして時、萩から妻「雅」が突然尋ねてきた。主人「晋作」の狼狽ぶりが目に浮かぶようで大好きな詩である。
天下国家を論ずるだけでなくこういった人情の機微を遺した大丈夫「晋作」だからこそ私が歴史上の人物で一番好きな理由でもある。
因みに晋作没後「うの」は髪を下ろし墓所「東行庵」の初代庵主となり、庵設立の資金集めに「雅」も奔走したとのこと。
*写真は下関功山寺に建つ晋作像*


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜
「私の好きな高杉晋作・・」
なんとなくそう感じておりました。
高杉晋作の辞世の句と、、それに、、
奇兵隊、、これは、高杉晋作が、身分制度にとらわれないで、作ったものだと記憶してます。
騎ではなく、、奇ですもん。
上の句同様、、憎めない愛らしいお茶目な方だったんでしょうか。


小麦
2005/06/25 16:45
小麦sama
読んでくださり有り難う。
時々晋作の遺した詩などを紹介しつつ高杉のこと書いていきます。因みに「春風」は彼の幼名です。
あっ!!勿論佐々部監督も追っかけますよ〜(笑)
春風
2005/06/25 16:59
東行庵といえば「晋作もち」と「菖蒲」を思いいつく私・・・ダメですね。(笑)
まして、東行記念館には入ったことがありません。今も入館はできるんでしょうか?
ペンシルスカート
2005/06/26 08:01
記念館は今でも開館してますが、たいした物は展示してないと思います。2年前展示品を巡ってごたごたがあり大方の物は萩市へ移りました。
この件については私も当時の東行庵学芸員某氏ともお付合いがあり、いろいろ聞いておりますが、機会があったらブログに詳しく暴露記事を書こうと思います。
「晋作餅」「菖蒲」も良いですが、やはり「梅」です。晋作は梅の花を愛してましたので…
春風
2005/06/26 10:48
友人と毎年行くのが東行庵です。菖蒲祭り、梅の時期と、春風さんいい所ですね。
いちど墓地を見て回りました。
なぜか涙がでてやみませんでした。

2005/08/10 18:47
幹 さま
始めまして…。遊びに来てくださり、またコメントまで頂き有り難うございました。

拙いブログですが、よかったらまたお出でください。
春風
2005/08/10 23:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
私の好きな高杉晋作…その1 おもしろき事も無き世を面白く…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる