おもしろき事も無き世を面白く…

アクセスカウンタ

zoom RSS スローシネマ

<<   作成日時 : 2005/06/07 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

一昨年「チルソクの夏」がロケ地下関で先行上映された時、大分の「シネマ5」のオーナー田井氏がこの映画を評して「スローシネマ」と名付けた。まさに言い得て妙。

チルソク菌・チルソク病なる造語も生まれ、未だに何処かの地方都市で上映会が催されている。
「チル夏」は昨年東京での公開時「冬のソナタ」などの韓流に便乗した映画か…?と一部の人は思っていたようであるが、佐々部清氏が10余年前から温め、熟成させた作品であり、宣伝等でも決して韓流を意識してなかった。
「四日間の奇蹟」も多くの掲示板で純愛路線の三番煎じ…。今更純愛???と酷評のコメントもあるが、佐々部氏が「奇蹟」の原作を読んで映画化の企画を持ち込んだのは、二年も前の話である。当時佐々部氏は「半落ち」の撮影準備中であり、「半落ち」アップ後は盟友臼井プロジューサーとのコンビで「カーテンコール」撮影も控えていたので、「奇蹟」はどんなに急いでも本年冬クランクインとなってしまった。決して純愛路線の二番煎じ…三番煎じではあり得ない。
しかるに、肝心の配給会社及び出資TVが敢えて「純愛三部作」を全面に押し出してしまった。
この戦略が大失敗であった。
しかし、佐々部映画はー「四日間の奇蹟」ーもスローシネマそのものである故、爆発は無くても息長く上映が続くことと信じて疑わない。そしてロードショウが終わっても全国のいずれかの地で上映会が延々と続くであろう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして、TBありがとうございます。
吉岡くんファン経由で佐々部作品のファンになりました。吉岡くんと監督をず〜っと応援してゆきたいと思ってます。「四日間の奇蹟」は、
広くて大きい優しい人の愛情物語。静だけれど確実に心に残ります。今の映画は、こうすればヒットということを前提に、ということまで考えて作られてるのじゃないか、と時々思う時があります。いろんな映画があって面白いもの。いい日本映画が単館でしか上映されなくなってくるんでは、とちょっと心配。単館のよさはよさであるけれど、観れるところが限られてくるのが悲しいです。
スローシネマいい言葉ですね。
まだまだ、強要しないように、観にいきませんか?って誘ったり、いい作品だよ、知ってもらうのに頑張りたいなあ。めばちこできちゃったけど、それでも飽きずに観れる作品て、佐々部監督の凄さだなあ〜と。ハリウッドも香港も映画は好き。でもそれ以上に日本人なんですよねえ。
下関で監督と握手してもらって、余計にそう感じました。監督と吉岡くんが、日本映画を誇りに、大事にしてるのがよくわかります。一緒に応援させてください。
小麦
2005/06/08 18:56
小麦さま
ようこそ私のブログへ。拙い文ですがこれからも折に触れ書いていきますのでまた遊びに来てくださいね。
春風
2005/06/09 00:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
スローシネマ おもしろき事も無き世を面白く…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる