おもしろき事も無き世を面白く…

アクセスカウンタ

zoom RSS 夢中にさせてくれて、ありがとう。

<<   作成日時 : 2005/06/08 17:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

画像
「陽はまた昇る」
佐々部清監督処女作品映画
2002年作品
出演:西田敏行/渡辺謙

当時佐々部氏の事は何にも知らず、ただ高校・大学が私と同窓と云うことだけで劇場に足を運んだ。映画より先にNHKの「プロジェクトX」にて取り上げられた題材だったので、目敏い東映が時流に乗っての映画化か?とタカをくくっていた。正直いって頭をガツンと殴られた。日本映画が失いかけていた良識・品の良さ・職人技がぎっしり詰まった秀作だった。

・・・・パンフレットから・・・・
自分自身が人に誇れる作品で監督デビューしたいという気持ちはありましたね。今まで監督のお話は何度かありましたが、どうもその作品を撮るために助監督を10年やってきたとは思えなくて。自分が主人公のキャラクターを理解できないのに俳優さんを演出することはできないから、僕が理解できるエンターテインメントを待っていました。そんなときにこの話に巡りあって、監督をやるゾと腹がくくれたです。
・・・・パンフレットより・・・

まさに自分でやりたい物がやってくるまで助監督に甘んじても…の気概、頑固なまでの映画職人魂。
こうして撮り終えたデビュー作「陽はまた昇る」
興行的には失敗だったかも知れないが、関係者のみならず(まだまだ一部ではあったが)映画ファンの心を鷲掴みにして…チルソクの夏・半落ち・四日間の奇蹟へと続いて行った。
本映画の主人公加賀屋静夫の台詞ではないが佐々部清監督
《夢中にさせてくれて、ありがとう。》

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
「陽はまた昇る」の舞台挨拶を見ました。
 NHKの「プロジェクトX」でやった素材を どう料理するかと興味津々でしたがやられま した!
 ホントに丁寧でまた観る人を惹きつける作風 で一気にファンになりました。
 それからは春風さんと同じ道を進んでいま  す! これから私も何度も「夢中にさせてく れてありがとう」を言い続けることでしょ  う!
馬関人
2005/06/10 22:37
馬関人さま
えっ!!舞台挨拶観られてのですか??羨ましいです。私なんかは北九州の劇場で観客わずか10人足らずのなかで寂しく観て…、なんでこんなに良い映画にお客は来ないのだろう・・?て思いました。
春風
2005/06/11 21:45
初めまして。
TBどうもありがとうございました。
私、佐々部作品の中では今のところ、この「陽はまた昇る」が一番好きです。
公開された時にはこの映画知りませんでした。
でも今めぐり合えて幸せです。
とっても元気を貰えました。これからも佐々部監督を応援していきます。
(私もTBさせていただきます)
とっこ
2005/06/26 23:57
TBありがとうございました。
劇場で見られたんですね〜
本当に見て良かったと思える映画でした(~o~)
こしゅもぴょん☆
2005/06/27 00:00
とっこsama
こしゅもぴょん☆sama

コメント&トラックバック有り難うございます。
皆さん吉岡秀隆さんの熱烈ファンなのですね。
吉岡さんは幼いときから、寅さんシリーズを始め映画、TVドラマに多く出演されていて、成長のアルバムが公的に残っていてファンとしても嬉しいことでしょうね。

春風
2005/06/27 23:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
夢中にさせてくれて、ありがとう。 おもしろき事も無き世を面白く…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる