おもしろき事も無き世を面白く…

アクセスカウンタ

zoom RSS 「出口のない海」回天基地

<<   作成日時 : 2005/11/10 19:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

画像
11月9日回天基地(於:下関)

水曜日は会社休業日にて久しぶりに惰眠を貪り9時過ぎに起床。朝食を摂って床屋に行く。
10年来蓄えていた髭をバッサリ剃ってみた。床屋の主人に5年は若返ったよと云われたが、何か自分の顔ではないような違和感を覚える。

午後、撮影地の浜に見学に行く。
現場に着くと今日の撮影は無いような感じで人影もまばらであった。浜には鉄骨製の大きな桟橋が造られていて、レールも設置されその上には台車に乗った回天一基。もう一基は?と沖合を見ると小船が4〜5艘。どうやら沖にて回天の訓練中の撮影をしていたようだ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
春風さん、こんにちは。
回天基地の撮影現場にも行かれたんですね。
撮影は順調のようで、本当によかったですね。

ところで、春風さんはお髭をばっさり剃られたそうですが、それって女性が長い髪をショートにしたときと同じような感覚でしょうか?
私も、長かった髪を切ったときには本当にさっぱりし、今ではもうずっとショートです。
短い方が、手入れが断然楽です。
お髭も、伸ばしていると整えるのが難しそう・・
poko
2005/11/10 22:46
こんにちは。
春風さんのお髭、すっきり消えたのですね。
寒い時季にどんなご気分の変化でしょうか?
坊主頭なら、エキストラ出演のためかしら?と思いますが。?(笑)

回天基地、そこにある鉄の物体が、
日本の存続を賭けての無謀な挑戦だったなんて、
そこにも熱き若者の犠牲があったなんて、
今の平穏な世の中からは想像もつかず、
とても悲しいですね。

おう乃
2005/11/11 12:38
かつて、山口放送の磯野恭子ディレクター(その後常務取締役・テレビ制作局長)が、昭和59年に制作なさった人間魚雷「回天」についてのドキュメンタリー「死者たちの遺言―回天に散った学徒兵の軌跡」を見たことを今も記憶しています。
幼い頃、父から回天の話は聞いて知ってはいたけれど、その衝撃とショックは忘れられないものでした。
この作品は芸術祭で優秀賞を受賞し、その後放送文化基金賞大賞やギャラクシー賞、民放祭優秀賞を受賞しました。

今度の『出口のない海』は、自分の生き方を考えることになりそうですね。

さまざまな歴史の舞台となった
山口県を想いつつ、映画を楽しみにしています。




おう乃
2005/11/11 12:39
春風さま、お髭を剃られたのですか?
5歳若くなったお顔が、是非拝見したいです。。(笑)
浜の撮影は、誰でも見学が、できるのでしょうか?
紫陽花
2005/11/11 14:52
髭を剃ったのはほんの気まぐれにて深い意味はありません。不精者ですから頭もいつもボサボサでドライヤーはおろか整髪料もつかったことがなく…、多分、また自分で髭をあたらないので、すぐ元に戻ることでしょう(笑)
いつもカミさんからもっと頭も髭も手入れしなさいと叱られています(泣)

春風
2005/11/11 23:09
お髭を剃られたとか!
お髭がトレードマークの方のトレードマークが無くなると周りの方が戸惑うでしょうね!(笑)
女の子が髪を切ったら失恋か?なんて言われますが髭を剃ったら何て言うのでしょうか?
冗談はともかく回天基地の写真、ありがとうございます。
私が撮影現場を見た時には回天がなくイメージが湧かなかったのですが納得です。
でもあんな小さなスペースにただ一人、死ぬために出撃して行った若者達のことを思うと複雑です。
今の世の中にも自爆テロと言うのがありますが
人の命を粗末にする宗教は嫌いです。
人の命は地球より重いと言う考えに共感します。
馬関人
2005/11/12 22:03
馬関人 さま
いつもいつもコメント有り難うございます。
髭の事はたいした理由は有りません。落としてから7日また無精してますので伸びてきてますわ(笑)
春風
2005/11/17 00:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
「出口のない海」回天基地 おもしろき事も無き世を面白く…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる