おもしろき事も無き世を面白く…

アクセスカウンタ

zoom RSS 「カーテンコール」三昧

<<   作成日時 : 2005/11/14 23:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
11月12日シネスイッチ銀座〜上野スタームービー〜新宿シネマミラノと舞台挨拶を追っかけてきました。
三劇場共通ゲストは、伊藤歩、藤村志保、井上堯之 各氏
銀座では三氏に加えて鶴田真由さんと自転車男、樽見君。上野と新宿では、佐々部映画常連の田村三郎さんが加わりました。

伊藤さんの初々しい(一寸詰まりながらの)挨拶。藤村さんの凛とした和服姿と落ち着いた挨拶。井上さんの佐々部監督への感謝の言葉と「いつでも夢を」のサービス歌唱(銀座では無かった)鶴田さんのセンスの良い洒落た衣装と笑顔。田村さんのさりげない「出口のない海」の宣伝。
三劇場とも満席とはいかず応援団の一員としては少し寂しい思いもしたが、舞台と観客席が一体になったアットホームな舞台挨拶だった。佐々部映画はスローシネマの異名もあるので、これから徐々に浸透して観客も増えていく事だろう。

銀座には時間ぎりぎりに到着したのだが、既に佐々部映画東京応援団の○森さん、○島さん、○泉さんが打ち揃って待っていてくれた。この三氏「チルソクの夏」の釜山ツァーにも東京から参加してくれたのだが…(恐るべしチルソク菌)最重病者○野氏が海外赴任中で参加できなかったのだが本人が一番悔しがっていることだろう。他にも1000人上映会や「チル夏」イベントで顔見知りになった方々にも再会でき楽しい一日でした。皆さん有り難うございました。

写真は銀座、上野、新宿 各劇場を駆けめぐって宣伝していたチンドン屋
子供の頃あとをついていき迷子になって親父にこっぴどく叱られた事があり、懐かしかく一番にシャッターを押しました。でもまだ東京にいたのには驚きました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
東京、みなさんで、盛り上がったんですね。。楽しそうで、羨ましいです。
どんどん、全国に浸透して欲しいですね。。今からですよね。(笑)
紫陽花
2005/11/15 14:48
おみやげありがとうございました。
楽しい一日でしたね。
我々は最後は新大久保の韓国料理店でマッコルリで乾杯して一日をしめくくりました。
イルマーレ
2005/11/16 09:11
うわぁ、東京もなんて素敵な初日を迎えられたんですね!
春風さんの、レポを読んでいると、まるでその場に居合わせたような気持ちになりました。

スローシネマのとおり、これから徐々に「カーテンコール」の輪が広がっていくことを祈ります。
poko
2005/11/16 21:42
紫陽花さま
そうですね。今から全国へ徐々に浸透して行って欲しく思います。私も一人でも多くの友人に良い映画だよ…って宣伝中です。

イルマーレ さま
こちらこそ有り難うございました。
私は皆さんと別れたあと学生時代のサークルのOB会に参加し、チケットを片手に宣伝に精を出しました。

poko さま
いえいえ、pokoさんのように上手く表現出来なくていつも悪戦苦闘ですが…これからも無理せず書いていきますので、宜しくお願いしますね。
春風
2005/11/17 00:59
嵐の様な来客ラッシュも一服。
11月12日以降、私の悔し涙?で降り続けた雨もやっと一昨日止みました。(笑)

12日の舞台挨拶はアットホームな雰囲気で進んだのですね!
佐々部作品は手作りの味がします。
決して派手ではありませんが人の心に響く作品です。この映画を観た人がその感動を多くの人に伝えて欲しいものです。

海の外から応援券をお願いした先輩から舞台挨拶の日に見に行って感動したとのメールを戴きました。
こちらの方こそ勧め甲斐があったと感動しています!
馬関人
2005/11/19 00:44
馬関人さま
佐々部映画の舞台挨拶は何時もアットホームで温かいですよね。
カーテンコール観客の出足が少し悪いようで心配ですが、スローシネマの異名通り徐々に広まっていくと思います。
春風
2005/11/19 15:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
「カーテンコール」三昧 おもしろき事も無き世を面白く…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる