おもしろき事も無き世を面白く…

アクセスカウンタ

zoom RSS 男たちの大和

<<   作成日時 : 2005/12/22 00:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

監督 佐藤純彌
原作 辺見じゅん
脚本 佐藤純彌
音楽 久石譲
出演 反町隆史 、中村獅童 、鈴木京香 、仲代達矢
画像


終戦60年の本年「ローレライ」、「亡国のイージス」、「男たちの大和」と戦争映画が3本作られた。
前2作には失望させられが、「男たちの大和」は意外と良かった。
前半TVコマーシャルにだまされた。と思いつつ観ていたが後半は見入ってしまった。
戦闘シーン。迫力もあり邦画でもここまでやれるのかと驚いた。
仲代達矢、鈴木京香が良かった。
つっこみどころも有るのだが、−例えば仲代さんの敬礼。あれは陸軍式では?−

余談だが佐藤純彌監督の映画では「新幹線大爆破」が一番印象に残っている。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ようやく『カーテンコール』に行けました。
うかうかしていたので、すでに横浜の上映はどこも終了し、
銀座まで、日曜の朝一番に出かけました。
どこもかしこも、熟年のご夫婦ばかりだったのは、
やはり映画館への共通の思いを抱く世代だということなのでしょうね。

終了して拍手があちこちから上がりました。
最近体験したことがなかったことでした。

外に出ると、次の上映を待つ方々が、所狭しとぎゅうぎゅうで並んでいらっしゃいました。
やはり熟年世代でした。
きっと満員か、それ以上の入りだったと思います。

で、帰りには、じ〜〜〜〜んとした気持ちになりました。

次は『出口のない海』で、
『男たちの大和』も観たいですね。
ここでご紹介いただいたものを参考に、
映画館に通います。

おう乃
2005/12/22 09:49
春風さん、こんにちは。
寒いですね。
今朝は、雪で、大変でした。

男たちの大和、いいみたいですね。
かなり、動員しているみたいですね。
戦争ものは、苦手なのですが。。。
京香さん、観てみたいですね。
紫陽花
2005/12/22 15:33
今日の海老蔵最高でした! NHK。昼番。信長を期待して、映画の公開を待ちます。 舞台を観劇して、コメントします。
おじいちゃんそっくりな役者を応援。
2005/12/23 02:28
〒おう乃 さま
「カーテンコール」鑑賞有り難う御座いました。
終映後拍手が起きたそうで…、嬉しいです。
「出口のない海」きっと良い映画になりますよ。
キネ旬の最新号に潜水艦艦長役で出演の香川照之さんが
…(前略)山田洋次監督によって書き上げられ、細部を佐々部清が再検討し、すなわち、この何とも微妙な題材にしてひどく大仰な時代背景を抱えた実話を、元々「人間くさい」二人が鼻っ面を突き合わせて練上げたために、「ローレライ」「亡国のイージス」「男たちの大和」と続いた「戦艦イヤー作品」連想される壮大な海軍ロマンとは一線画した、一本道の、重くはあるがシンプルな人間劇として今作品は位置づけられるであろう。…(後略)
と記していますが、本当に来秋の公開が待たれますね。
〒紫陽花さま
戦闘シーンは女性にはちょっとシンドイかも知れませんが観る価値は有ると思います。
〒「役者を応援」さま
海老蔵さんの襲名披露歌舞伎過日感激しました。
「助六」粋でとっても良かったです。彼は将来、梨園を背負って立たねば成らないので、順調に育って欲しいですね。
春風
2005/12/23 19:21
7才で、「外郎売り」をせりふ付きで、演じれるのですから、やはり、天性でしょう。私には、とてもあのセリフは覚えれません。梨園は、厚みが出て参りましたね。興行が、目白押しですね。幕間1つでも、立ち見でも良いので、行ってみたい。 
役者を応援
2005/12/24 17:07
男たちの大和 おもしろき事も無き世を面白く…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる