おもしろき事も無き世を面白く…

アクセスカウンタ

zoom RSS 博士の愛した数式

<<   作成日時 : 2006/01/23 00:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

監督:小泉堯史
原作:小川洋子
脚本:小泉堯史
音楽:加古隆
出演:寺尾聰 、深津絵里 、齋藤隆成 、吉岡秀隆 、浅丘ルリ子

数学の不得手な私には多分理解出来ないことが多くあるのでは?と思い昨晩、原作本を夜中までかかって読み終え予習をして劇場へ足を運んだ。はたして、予習をしていたにもかかわらず肝心浅丘ルリ子扮する義姉が、寺尾聡扮する博士の書いた数式「オイラーの公式」を一目見ただけで引き下がったのか??よく分からず消化不良。
どなたか数学にも強く映画にも明るい方教えてください。
肝心の「博士の愛した数式」が理解できず、今夜は眠れそうにない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
 e^(iπ)+1=0という式は理解できなくて普通だと思います。理工系の学生・研究者の間でベストセラーになった長沼伸一郎・著『物理数学の直観的方法』(1987)によれば、「e^(iπ)=-1という式は、数学の公式の中でも、恐らく最も単純で最も神秘的なものの一つである。二つの数値、e=2.71…とπ=3.14…、それに虚数単位iを組み合わせると-1が出来てしまうというのだから、これは不思議以外の何物でもない。」とあります。
 「このような神秘の前では人間のいざこざなど取るに足らないことだ。つまらない争いはやめなさい。」という博士のメッセージをお義姉さんの浅丘さんはしっかりと受けとめることができたのでしょうね。お義姉さんもすごい人ですね。
イルマーレ
2006/01/23 12:57
春風さん、こんにちは。
そんなに、難しかったのでしょうか?
私は、明日観に行く予定ですが。。
実は、数学が、苦手で。。(苦笑)
娘に習って、行かなければ。。。(笑)
紫陽花
2006/01/23 14:05
イルマーレ 様
ご説明有り難うございました。
「オイラーの公式」という言葉自体知らなかったしおまけにあの数式で知ってたのはπ=3.14…だけ。eもiも初見でした。また原作より博士と義姉の関係が生々しかったので余計に深読みして混乱してしまいました。

紫陽花さま
映画如何でしたか??
吉岡さんファンの貴方には√先生は最高だったのでは??
本当にはまり役でしたね。



春風
2006/01/25 11:57
〇〇@東京 あらため、Bokkoです。
「博士の愛した数式」はまだ観ていませんが、近日中に観たいですね。本は読みましたが、確かに、”お姉さんが何故急に引き下がった”かは謎ですね。
それと、私は題名を「博士の愛した数学」と勘違いしていたのですが、問題になっていたのは確かに、数式 exp(iπ)+1=0 だったのですね。
 ところで、工学の分野では、オイラーの公式は割りと頻繁に出てきます。本に出ている形ではなく、もっと一般的(?)な、
 exp(ix)=cos(x)+i*sin(x)
の形で現れ、複素平面上の点を表します。
私には、exp(iπ)=-1 (πは角度では180度)よりは、むしろ、
exp(iπ/2)=i (π/2は角度では90度)の方がより神秘的に見えます。
それでは、また!

Bokko
2006/01/27 21:13
Bokkoさま
お久しぶりです。
数学音痴の私には数式のことはよく分かりませんが、映画はみて損は無いと思います。是非ご覧有れ…。
春風
2006/01/29 17:38
今日、やっと近くの映画館で、数学が云々と言うことで、はじめは緊張しました。
先日の日曜日に長男が久々に帰って来て、彼がこの映画を見たとの話しの中で、イルマーレ様の話をしましたら、全く同感だったようです。
その時のことを基に見ましたので、数学音痴の小生でも、何となく教室の授業に溶け込みました。
見終わったときは、数学のことより、そのことに絡めた、人との繋がりの愛に、涙が止まりませんでした。
TUMO
2006/02/07 21:04
TUMOさま
観られたのですね。
映画としては良かったですよね。
寺尾さんはいうまでもなく深津絵里が良かったと思いました。
春風
2006/02/08 23:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
博士の愛した数式  おもしろき事も無き世を面白く…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる