おもしろき事も無き世を面白く…

アクセスカウンタ

zoom RSS 1000人上映会inしものせき

<<   作成日時 : 2006/09/03 13:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

画像

9月2日下関海峡メッセにて映画「出口のない海」先行有料上映会が催された。
特別ゲスト佐々部監督。音楽担当の加羽沢美濃さん。回天乗組員沖田役の伊崎充則さん。

1000人分の客席は満席にて予備の2階席にも沢山の方が座っていました。おそらく1100〜1200人はおられたと思います。
私は2階席で鑑賞しました。
画像
ちょっと辛口になりますが…。
少し会場が明るすぎ(非常灯が6〜8も有り点いていた)見づらかった。
音響が悪すぎてセリフが聞き取りにくかった。
映画館とは違って多目的イベントホールでの上映であるから仕方のない点も有るとは思うが、
あれでは監督はじめ映画製作に携わったスタッフや出演者に失礼だと思いました。いわんや、お金を出して観に来て頂いたお客さんに申し訳ない。
製作・配給の松竹さんから担当者が4〜5名来関しておられたが、事前に点検、チェックをおこなったのだろうか?十分やった上であれが精一杯なら是非もないが、ただ物見遊山的に会場入りしたとしか私には思えない。だって上映が始まったら皆さん食事に行ったり…、まだ電車間に合うので帰りますわ…って会場を後にしてたもの。

終映後、佐々部監督と伊崎充則さんが出口で一人一人と握手しながらお見送りしていました。これは1000人上映会の恒例でして本当に頭が下がりますし、お客様も気持ちよく会場を後にされた事でしょう。
歌舞伎座の完成披露試写会は新聞に因ると三千万の経費だったとか
こちらの上映会は1300円×1000人で130万円。
将に手作りの上映会でしたが沢山のボランティアに支えられ実行できたと思います。
監督、伊崎さんを囲んで地元のスタッフ、ボランティアの集合記念写真。
画像


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
春風さん、1000人上映会、良かったです。。感激でした。
大盛況で、よかったですね。
ただ、私も、音が大きすぎて、びくっと、
することが、しばしばありました。
あの、樹里ちゃんとの別れのシーンは、
セリフが、よく聞き取れなかったのは、
ちょっと、残念でした。
でも、いい映画でした。
さすが、監督だなぁ〜と、実感でした。
戦争映画、怖い!と、嫌がっていた娘も、
戦争、戦争していなくて、見やすく、
感動したよ。と、喜んでいました。
1000人上映会、最高!!(笑)

次回も、是非、やって欲しいですね。
楽しみにしておきます。(笑)
長々、すみません。失礼しました。
紫陽花
2006/09/08 18:56
紫陽花 さま
上映会に来られていたのですね。
上映会には千人もの方と感動を共有する…
ゲストの皆さんの挨拶が聴ける…等々
それはそれで魅力一杯ですが、
公開が始まったら映画館でじっくり鑑賞しょうと思っています。
紫陽花様も設備の良い映画館でもう一度ご覧くださいませ。きっと新たなる感動が有ると思います。

春風
2006/09/10 23:19
映画の上映があまり良くなかったことお詫び致します。上映がキッチリ届けられて、初めて映画です。そこまでの責任は僕にあります。

ホール上映には限界があり、常々言っているのは上映設備のある場所での上映を希望するということです。チルソクの頃は、少しでも多くの方に知って貰うために1000人上映会をやっていましたが、僕自身はもう止めたほうが良いと思っていました。ゲストを招集するのも大変ですし、そろそろ映画そのものを楽しんでもらえればと思っています。ただ、下関の上映館の設備そのものにも問題がありますが……。
K-SASABE
2006/09/11 10:48
久々、おじゃまします。…ですが、歌舞伎座での完成披露の様子や、次回作のロケレポートなどいつも楽しみに拝見しています。
今回の1000人上映会は、早くから夫婦でチケットは購入していたものの、間際になって16日からの公開上映まで観ずにいよう…と欠席してしました。監督や加羽沢さんのお話はとても聞きたかったのですが(大涙)
すでに劇場で観ていれば、メッセにも旗を振って応援に駆けつけたいところなのですが、やはり公開を待ち望んでいた分、一番最初はじっくりと鑑賞したいね…という話になって、行きたいのをグッと堪えていました。「4日間〜」の時に何となく感じていて、それでも「応援する側は何をおいても駆けつけなきゃ!」との思いに揺れ動き、今となっては参加しなかった後ろめたさに苛まれているのですが、その分映画館に何度か足を運び、じっくりゆっくり味わおうと思っています。
16日公開を心より楽しみにしています。
CENA
2006/09/11 13:09
K−SASABE さま
お忙しい中わざわざの書き込み有り難うございます。監督さんはじめ全てのスタッフ、キャストの方々が魂を込め作り上げた作品です。そんな映画を売り手である配給会社の宣伝、営業の方々や上映される映画館の方々も魂を込めてやって欲しいと思います。
それと、確かに下関の映画館はちょっと酷すぎますね。大分のシネマ5のような小さくても良質な館が出来れば良いな〜と思います。
今後1000人上映会は無理としてもこれからも佐々部映画にとことん食らいついて、追っかけていきますので…ご迷惑かも知れませんが…ご覚悟あれ(笑)

CENA さま
どうも…、お久しぶりです。
いよいよ今週末から公開です。
是非是非、設備の良い映画館でご堪能ください。
それも出来たら初日か二日目にお願いします。
なんか映画の世界では封切り2日間の動員数で以後の宣伝費とかが決定されるみたいで…
将に「映画の興廃この二日にあり、各員いっそう奮励努力せよ!」ですわ。宜しく!!
春風
2006/09/13 00:25
春風さま

了解です! 夫婦だけじゃなく、親達引き連れて待ちに待った初日に観に行くこと誓います!
あと、封切り2日勝負のことー 宣伝している周りの友人達にも通達しておきますね!
CENA
2006/09/13 09:20
CENA さま
もう観られましたか??
また感想などお寄せください。
春風
2006/09/17 23:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
1000人上映会inしものせき おもしろき事も無き世を面白く…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる