おもしろき事も無き世を面白く…

アクセスカウンタ

zoom RSS TOYORA同窓会顛末記

<<   作成日時 : 2006/09/04 21:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 9

高校の第107回同窓会が9月3日に有りました。
1000人近い同窓生が海峡メッセに集いました。
画像


今年の目玉出し物は佐々部監督とテノール歌手の藤田卓也さん(共にOBです)
それに加えて特別ゲスト加羽沢美濃さんです。
まず佐々部さん脚本・監督・撮影・編集の母校の近況DVDが5分程度映し出され、乾杯!!
続いて加羽沢美濃さん登壇。画像
美濃さん曰く「午前中に長府の街を散策してきました。勿論皆さんの母校にも行って来ました。とても素敵なある町並み。雰囲気のある高校で羨ましいです」最初の演奏曲は最新作「出口のない海」のメインテーマ。
続いて♪「四日間の奇蹟」♪「チルソクの夏」演奏を終えて藤田卓也さん登壇。
画像
唄う楽曲は荒川静香さんで一躍有名になった、オペラ「トゥーランドット」
藤田君の朗々たる歌声。加羽沢さんの繊細なピアノ伴奏。

メインテーブルの前に座り込んで聴き入りました。

いやはや贅沢させて頂きました。




画像

残念だったのは、会場内がザワザワ!!!!ガヤガヤ!!!!!
司会者も折角の企画です。ほんの10分静かに演奏を楽しみましょう…と声かけがあり、心ある同窓生が「おーい!少し静かに聴こうぜー」と叫んでいたが、効果なかったです。
校歌にも「♪乃木将軍の生れにしところ、狩野芳崖生れしところ、剣に筆に偉人をいだす…」とあるとおり文武両道でならしたはずが…このていたらく。
酒が入ろうが…騒ぐときは騒ぎ…耳を傾けるときは傾ける。我が同窓生にはそれが出来る。
と信じていた私がお馬鹿さんでした。なにが文武両道だ。だらしない酔っぱらいの集団でしかありませんでした。
佐々部監督、加羽沢さん、藤田君に申し訳なく、同窓生を信じていた自分が情けなく…。
舞台から下りてきた三人の顔を見た途端、涙が溢れて…なにも言えませんでした。

いい環境ならきっとリクエストタイムも有っただろうに、ひょっとしたら午前中に散策した長府の印象や母校の印象の即興曲も聴けたかも知れないのに…バカ酔っぱらいのために全部駄目になりました。
もう、来年から同窓会なんか行くものか!





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
豊高の同窓会のマナーはそんなに悪いのですか。
佐々部監督の粋な演出をぶち壊しにされたようで残念ですね。自分の高校時代にはのんびり屋やおっとりした人もまわりに多かったのですが、やる時はやるのが豊高生だったような気がします。自分が関心のないことに興味や好奇心を抱けないからといって馬鹿騒ぎしたり、耳を塞いでしまうのも豊高生の悪い特長だと思います。いい加減目を覚ましましょう。
IKUO
2006/09/06 23:01
僕は全っ然気にしていません☆
お酒が充分に入った宴でクラシックの演奏するのは、ホークスの優勝決定戦で松中が逆転ホームランを打ったその外野席で抹茶をたてるようなものです。実行委員の方からは「申し訳ありませんが、大騒ぎの中で歌うことになるかもしれないけど大丈夫ですか?」と打ち合わせの段階で何度も確認がありました。その上でお引き受けしたのです。僕はいかなる環境でも自分のできる最高のパフォーマンスを心がけるだけです。
それよりも、あの環境の中で
「静かにしよぜー!!!」
という声が会場の中から聞こえてくる、会場の多くの方が「聞こう」という意志を示して下さっていたことにむしろ僕は感動していました。
そして逆に、何を言っても効果なく騒いでいらしゃる方々の元気にもなんだか嬉しい気持ちすらありました。
ただ、舞台裏で佐々部監督に
「藤田君ごめんね僕ができるのはこれが限界だょ。」
と力なく言われた時には泣きそうになりました。
演奏のために静かにさせたい
1年に1度の同窓会で仲間と楽しみたい
どちらの気持ちもよ〜く分かるんですよねぇ。

僕はすごく楽しい1日でした♪
テノール藤田卓也
2006/09/07 11:09
IKUOさま
コメント有り難うございます。
まぁ千人近い宴席ゆえ…私も少しは懸念はしていたのですが、ちょっと酷すぎましたね。
毎年、舞台でなにかパフォーマンスを企画しているのですがいつもこんな状態です(泣)

テノール藤田 さま
わざわざの書き込み有り難う。

“僕は全っ然気にしていません☆”
“僕はすごく楽しい1日でした♪”

この言葉でなんだか私も救われました。


春風
2006/09/10 23:36
同窓会の『華』を、飾れきれないのは、何とも
もったいない。
やはり、酒宴のアトラクションでなく、ピアノを弾いて欲しかった。
結婚式の、唄い・御祝儀舞と同じ酒宴前の、『出』を企画すべきですね。
乾杯前に、演奏であれば・・・と思います。
もっと残念は、前の日の『出口のない海』・『1000人上映in下関』にゲスト出演されたのに、同窓会のためのピアノ移動で、加羽沢美濃さんの、ピアノが、聞かせてもらえない事の方が、
残念で、もっと悲しい。
あの会場では、こんな事は無い・・・。
これまでの佐々部監督シリーズで、映画を解った人・加羽沢さんの魅力を知った方・ゲストでこられたのなら、ピアノが聞けなかった前日の方が、
ファンは、もっと、もっと悲しい。
演奏を終わって、控え室前で、お詫び申し上げました。 でも、サインは、忘れずに頂きました。
全く、平静でした。 少し安心しました。
ピアノに酔って候う
2006/09/11 01:17
「ピアノに酔って候う」さま
加羽沢美濃さんのコンサートは最高ですよ。
機会があったら是非お運びください。
年に一度は博多であると思いますので…。
春風
2006/09/12 23:06
春風さん、こんにちは〜
1000人上映会の次の日の同窓会は、またまた、もりあがったみたいですね。
ここにもある、藤田さん、とても寛大な方で、感動でした。
いつか、お目にかかれたらいいな〜と思っていたら、なんと、10月5日に、
豊浦町で、講演会があるそうなんです。
是非、聴きに行きたいと思っています。
お時間のある方、いかがですか??
今から、楽しみです。(笑)
紫陽花
2006/09/13 17:57
紫陽花 さま
藤田君はとっても素敵な、懐深い青年です。
豊浦町のイベント私は所用が有って行けませんが是非参加してください。
紫陽花さんもきっとファンになると思いますよ。
春風
2006/09/17 23:39
はじめまして。偶然こちらを見つけました。同窓会で演奏させていただいた現役吹奏楽部員です。とはいっても毎年聴いてもらえているのかもわかりませんが(笑)
毎年曲選で考えるのは、『どうやったら先輩方に楽しんで聴いてもらえ、かつ女子も増えた“今の豊浦”を見てもらえるのか』です。出席された先輩方、今年はいかがだったでしょうか?最後にOBの先生と演奏した演歌のメドレーはいつにも増して聴いていただけたかなーと部員で勝手に盛り上がっていたのですが(笑)
どんな音楽が良いのか、どんな演出・曲選なら先輩方に楽しんでもらえるでしょうか、情報が少しでもいただけたらと思います。来年は前座からもっと良い同窓会づくりに少しでも協力したいと思っています。
突然の長文失礼しました。
109期(ってことは現役です(笑))
2006/09/21 00:20
109期(ってことは現役です(笑))君
はじめまして…。ようこそ拙ブログへたどり着いてくれました。
今年の吹奏楽部の演奏曲、演歌メドレーはおじさんにとっては懐かしい曲ばかりでとっても懐かしくもあり…、良かったですよ。
これからも勉学に倶楽部活動に精一杯頑張ってください。

春風
2006/09/22 23:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
TOYORA同窓会顛末記 おもしろき事も無き世を面白く…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる