おもしろき事も無き世を面白く…

アクセスカウンタ

zoom RSS 支配人 奥田瑛二

<<   作成日時 : 2007/09/30 11:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

新聞等でご案内の通り10月限りで閉館の下関の映画館を俳優でもあり監督でもある奥田瑛二さんが 2ヶ月限定で運営されるそうです。

画像
頂いた名刺には
下関スカラ座 シアター・ゼロ 
支配人 奥田瑛二 
と有りました。 
下関が舞台の「風の外側」を11月 10日(土)から先行ロードショーするそうです。
画像

今のところ2ヶ月の限定契約だそうです。「風の外側」以外にも同監督作品の
「少女」「るにん」「長い散歩」も上映するやにお聞きしました。
私としては俳優・奥田瑛二の代表作「深い河」「千利休 本覺坊遺文」「海と毒薬」等も上映して欲しいところです。
因みに「風の外側」の先行上映(11月10日)はシアター・ゼロのほか
「シネプレックス小倉」「シネマ・スクエア7」「山口スカラ座」「ワーナー・マイカル・シネマズ防府」です。
また、12月15日からは「新宿k's cinema」ほかでロードショーが始まります。

前売りチケット1300円販売中です。
aai20220@pop16.odn.ne.jp宛 連絡下されば 郵送致します。良かったらご協力下さい。

写真は晩春に弊社に来られたときの奥田監督
画像







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
 俳優・奥田瑛二の出演作といえば「男女7人夏物語」がお気に入りですが、ほかのテレビドラマで一休や日蓮を演じていらしたのが印象的でした。どちらの人物も時に聖人として語られることがありますが、奥田さんが演じると体温と人間臭さが与えられ、それでいて決して貶めることがない・・。奥田さんの努力+天賦の才だと思います。
 下関からスクリーンが無くなることを佐々部監督のサイトで知りました。
 佐々部映画を観たあと、唐戸市場のあたりで海峡の夜景を眺めながら余韻に浸る・・・他では得られない至福の時でした。
 最後に観るのが佐々部映画でないのが残念・・・というと奥田監督に大変申し訳ないですが、奇才・奥田瑛二が下関をどう描いたのか期待しつつ、11月中に下関を訪れることを検討中です。
公の字
2007/10/07 22:57
公の字 さま
11月に来関されるのでしたら
23日〜25日が良いですよ。
下関映画祭にて
最新作「結婚しようよ」の先行上映が有ります。「夕凪・桜」も上映されます。
まだ、映画祭のHPには載ってませんが…。勿論シアターゼロで「風の外側」も上映中です。
春風
2007/10/11 00:37
春風様
 貴重な情報をありがとうございました。
映画祭での「結婚しようよ」「夕凪・桜」の上映時間を確認してから旅程をたてようと思っていたので今日になってしまいました。
 しものせき映画祭のホームページがやっと今年度版のものに更新されました(遅い!)。
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/kinuyo21/shimoei/shimo-ei-head.html
 24日の朝、下関にお伺いして、25日に帰京します。滞在中は奥田監督の作品も観たいので、前売りチケットの件で近いうちにご連絡申し上げます。
公の字
2007/10/21 10:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
支配人 奥田瑛二 おもしろき事も無き世を面白く…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる