おもしろき事も無き世を面白く…

アクセスカウンタ

zoom RSS 第62回毎日映画コンクール受賞作品特別鑑賞会in下関

<<   作成日時 : 2008/03/20 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

同映画コンクールの大賞「それでもボクはやってない」
優秀賞「天然コケッコー」の記念上映会
監督賞の周防正行氏のトークショーが本日有りました。

往復葉書で申し込めば無料で参加出来る…
と告知されていたのですが両映画は既に観ていたし…
旗日にて仕事も有るので申し込みはしなかったのだがやっぱり周防監督のトークは聞きたいと思い夕方仕事を抜け、出かけました。
まぁそんな宣伝もしてなかったし下関市民は文化イベントに冷めているので…
きっと市民館の定員1400名は埋まってなく当日でも入れる…
との目論見でしたが、予想通り6〜7割の入りにてチケット無くても難なく入れました。

周防さんのトーク
司会者の女性が質問してそれに監督が答える…
形式で30分余り有ったのですが、MCの誘導の悪さからか?映画監督の話と言うよりは…
法律関係者の講演か??と思うほど退屈なものにてちょっとがっかりしました。

質問時間ではMC嬢「監督は何でも答えますからどしどし質問されたし」と云っておきながら
たった一人の質問で…
それも何ら映画に関係ないくだらない質問の一点で…
では時間ですのでこれで終わりです。…だって。

わざわざ東京からお運び頂き…
空席の多い会場。まずい進行。
周防監督は2度と下関には来るものか!と思ったのでは。

壱下関市民として悲しい…悔しく…恥ずかしい…。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
「来年はないな!」残念だ。
もっと周辺の市にもPRしないと。(あの作品2本とトークが無料)
春風さんが言われるように、トークショーの内容はお恥ずかしいこと。
本当に残念です。
あさかぜ
2008/03/21 00:55
監督にもっといろいろなお話を
聴きたかったですね。
下関が名実共にシネマの街になって
くれたらいいなと思います。
hibiki
2008/03/21 11:12
あさかぜ さま
まぁ、行政主導のイベントなので…
残念ながらPR不足は否めませんね。

hibiki さま
監督には前作のような娯楽映画から10年経て今作のような社会派映画への転身の心境の変化を是非聴きたかったです。

春風
2008/03/22 16:54
観た映画なので、・と思って、2本で無料?
監督来関、対話会話、信じられない。
こんな、イイチャンス。
映画が、すごく、場末に置かれているの?
お奥さんのバレーの運営後援に、助演され、今回の、構想10年、映画ありきでないのですか?
何とも、司会もさる事ながら、何故?
法律論が先行して、映画論が打ち出せない? 何故?
映画監督の、トークでは?
確かに、
冤罪の大問題の時なのに、検挙率の、有罪率の比率は、恐怖です。
無罪を主張したら、拘留を何日でも、何ヶ月もの覚悟が無ければ、無罪は、主張できません、駄目です。
なぜ、そのような事なのか?
裁判員の制度の確保の時代、取り締まりの内容、取り調べの状態のビジュアル化が、確率存在しなければ、一般人が、裁くのは難しいのでは?
どうして、本質が、質問にならないのか? 不思議です。
映画論なのに、法律論だけの質問だけでしたか?
残念ですね。
番外奇兵隊士
2008/03/22 23:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
第62回毎日映画コンクール受賞作品特別鑑賞会in下関 おもしろき事も無き世を面白く…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる