おもしろき事も無き世を面白く…

アクセスカウンタ

zoom RSS 十三人の刺客

<<   作成日時 : 2010/12/19 17:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

シアター・ゼロにて・・。
監督 三池崇史 原作 池宮彰一郎

出演: 役所広司 ・ 伊勢谷友介・ 伊原剛志・ 松方弘樹 ・稲垣吾郎

画像


リメイク版には失望される事がまま有るが意外に面白かった。
突っ込み所満載ではあるが、こういった活劇は嫌いではない。
きっと心には残らず・・その場だけの楽しみだが1000円戻して・・とまでは云わない。

松方さんの腰の据わった所作。流石に東映時代劇で活躍していただけは有り。
井原さんもかっこ良かった。
稲垣さんの悪役、さまになっていました。
惜しむらくは伊勢谷さん、
脚本・演出が悪い・・のか「七人の侍」の菊千代を狙ったのだろうが、あまりにも酷過ぎた。
役所さん、それなりにいい味とは思ったがやっぱりボスは片岡千恵蔵にはかなわなかった(笑)


1963年作のオリジナル(工藤監督)を観た時の衝撃は若さゆえの感動か?
今一度オリジナルを観たくなった。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
春風様こんにちは。
リメイク版といえば、サスペンスを原作とした作品のものを観たことがあります。監督と主役である探偵役の方が前作と一緒だったのですが、違和感ばかりでした。前作にたいしては映像技術の古さからくる画面の「荒れ」ですら、懐かしく感じました。「染み入ったもの」を越えることはとても難しいのかもしれません。

 春風様の会社からすてきなプレゼントが届きました。職場で使わせていただきます。ありがとうございました。
公の字
2010/12/21 20:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
十三人の刺客 おもしろき事も無き世を面白く…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる