おもしろき事も無き世を面白く…

アクセスカウンタ

zoom RSS よっ!健さん!!

<<   作成日時 : 2011/04/03 23:27   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 3

銀幕のスター☆☆2本立て
小倉昭和館にて

http://www2.ocn.ne.jp/~showakan/

画像


〈居酒屋兆治〉1983年

大原麗子さん
せつなすぎて・・・
正視できず

加藤登紀子さん
好い嫁さんだ・・・

ちあきなおみ さん
また復帰して唄って欲しいなぁ

ラスト、健さんが
コップ酒飲み干し自分に言う

「・・・元気だしていこうぜ・・オー」
最高でした。


〈駅 STATION〉1981年

いしだあゆみ さん
ホームでの敬礼・・
これだけの出番ながらなんという存在感

倍賞千恵子さん
「・・・でも男と女ですからね。」
涙をこぼしながらいう桐子がなんとも切ない

「舟唄」のシーン
久しぶりにスクリーンで観たが
やっぱり素晴らしい


『樺太まで聞こえるかと思ったぜ』
この台詞は日本映画の伝説(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
春風様こんにちは

 日本映画界の至宝である健さん主演の映画は私も好きですが、ある特徴があって、「犯罪を犯していない役を演じている健さん」の作品を好んでいます。
 佐々部監督が助監督時代に作られた「鉄道員」は、試写会に招待され、その後私のお客様たちと一緒に鑑賞しました。「ホタル」は鹿児島を旅する予習のために観ましたが、ストーリーはもちろんロケ地も気に入って旅程を変更し、海潟へも行きました。
 そのほか、「海峡」は国鉄のエリート職員。連絡船が廃止となる理由となった青函トンネルに対しては否定的な考えを持っていましたが、この映画を観て、これだけの人たちが命がけで作ったものを悪く言っては罰が当たる、と考えが改まりました。「八甲田山」では陸軍大尉。吹雪の中での「前進だ!」の台詞は仕事で行き詰まったとき自分で自分に浴びせかけています。泣かせどころは「案内人殿に、頭、右!」。
「樺太まで聞こえるかと思ったぜ」の作品は、私の健さん像とはズレがあるので・・・。

・・・長々と失礼しました。
公の字
2011/04/05 20:44
幸せの黄色いハンカチの 健さんを 思い出します。映画同好会(名前検討中
村石太マン
2011/04/07 19:17
公の字さま
遅レスすみません。
「鉄道員」「ホタル」「海峡」「八甲田山」
皆良い映画ですね。
「案内役殿」秋吉久美子・・可愛くて良かったですね。

村石太マン さま
始めまして。
「幸せの黄色いハンカチ」は高倉さんのみならず山田監督の代表作ですね。

晋の字春風
2011/04/10 18:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
よっ!健さん!! おもしろき事も無き世を面白く…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる