おもしろき事も無き世を面白く…

アクセスカウンタ

zoom RSS 高倉健特集第2弾その2by小倉昭和館

<<   作成日時 : 2011/06/17 23:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

『人生劇場 飛車角と吉良常』(1968年)
監督:内田吐夢
出演:高倉健、鶴田浩二、辰巳柳太郎、藤純子

画像


飛車角の鶴田さん・・かっこ良過ぎ。
吉良常の辰巳さん・・時に渋く、時に可愛く、時に凄み。

キネ旬ベストテン入りした初の仁侠映画も頷ける。
名場面の連続。
飛車角が自首を覚悟の川縁のシーン素晴らしい。
橋の上で話す男2人・・遠くかなたにポツンと黒い点
その点が段々大きくなりあっ、人力車と分かる。
降りしきる雨。
人力車の中には愛する女「おとよ」(藤純子)

飛車角が服役中に彼の想い人とは露知らず一途な愛を貫こうとする
宮川(高倉健)

おとよと飛車角が思いもかけず再会したときの
飛車角と吉良常とおとよ・・・三者三様の表情。

吉良常の臨終の辰巳の名演技・・
宮川単独の殴りこみはカラーで・・
飛車角の殴りこみは荒目のモノクロで・・

内田吐夢監督映画は大好きだが「飢餓海峡」「宮本武蔵」に決して後手を取ってない名画でした。

『動乱』(1980年)
監督:森谷司郎
出演:高倉健、吉永小百合

画像


森谷監督も好きな監督の1人だったが若くして鬼籍入りしたのが残念。

本作は新人プロデュサーオカダユウスケ氏が
小百合&健さんを
共演させんと企画されたと聞いたことがあるが(真意は分からない)
設定に多少難あり。
小百合さん、、とても苦界に身を沈めた女性に見えなかった。

5・15事件から2・26事件までを描いているのだが、そこの所もちょっと中途半端で・・

まぁ青年将校と新妻の物語と思えば・・納得です。
苦界から引き上げ妻とした宮城大尉(健さん)は薫(小百合さん)には指一本触れません。
そんなストイックな男がいるのか〜と、思うが健さんなら有り得ると思わせるのが不思議です。
決起の前の日にはじめて情交を交わします。
薫のアップの瞳から一粒の泪。

刑務所へ面会に行き
着てはもらえぬ着物の寸法合わせ
宮城大尉と薫の会話の無い切ないシーン。
健さん、小百合さんならではの名シーンです。

やっぱり、オカダPDはサユリストだ(笑)

蛇足ながら
「陽はまた昇る」「半落ち」の名プロデュサー坂上順氏の名を見て
お会いしたこと無いのだけど、妙に懐かしかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
高倉健特集第2弾その2by小倉昭和館 おもしろき事も無き世を面白く…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる