おもしろき事も無き世を面白く…

アクセスカウンタ

zoom RSS 凛として・・

<<   作成日時 : 2011/07/02 23:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

一年で一番忘れられない7月、文月、七夕月。

“つれ”が元気な頃
よく行ってた小倉シネプレックスに行って来ました。
僕より竹を割ったような男っぽい性格だった彼女が好みそうな
『ラスト・ターゲット』を観たかったが西日本では未だやってない。

止むなく選んだ映画は
『小川の辺』
画像
監督 篠原哲雄
原作 藤沢周平
出演
東山紀之(戊井朔之助)
菊地凛子(田鶴)
勝地涼(新蔵)
片岡愛之助[6代目](佐久山森衛)
尾野真千子(幾久)

月山の夕景
残雪の尾根を歩く2人
(想像だが若い頃縦走した飯豊連峰または朝日連峰か)

画像東山さん凛として
その所作の美しさに惚れ惚れ

菊池さん
ミスキャストか?との意見もあるが勝気な女丈夫役、似合ってました。

奥さん役の
尾野さんが良かった。
もう少し出番増やして欲しかった。
父親の藤竜也さんとの硯のエピソードが心に残りました。

惜しむらくは
道中・・旅人や村民が多く出て集中力を削がれました。

藤沢文学の最高峰の映画化と有ったが、僕的には「清左衛門残日録」が一等ですね。

三屋清左衛門:仲代達矢
里江:南果歩
みさ:かたせ梨乃
佐伯熊太:財津一郎

この4人を軸に見事な出来のテレビドラマだった。
何方か映画化して欲しいなぁ。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
小川の辺・・追記
クライマックスの真剣勝負の音楽がぁ・・。
興醒め100%。あれでは学芸会のチャンバラシーンのBGM。
それと、夫を上意によって誅された後の「田鶴」の心情が不可解この上ない。
嗚呼、女心は男にとって永遠の摩訶不思議也。
晋の字春風
2011/07/03 18:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
凛として・・ おもしろき事も無き世を面白く…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる