おもしろき事も無き世を面白く…

アクセスカウンタ

zoom RSS 初冬の夜長に・・DVD

<<   作成日時 : 2011/12/04 01:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

映画は映画館で観る!が、基本なれど夜長の慰みにDVD鑑賞。

『砂の器』(1974年)
監督 野村芳太郎
原作 松本清張 音楽 芥川也寸志  脚本 橋本忍 、山田洋次
出演
丹波哲郎(今西栄太郎) 加藤剛(和賀英良) 森田健作(吉村弘) 
島田陽子(高木理恵子) 加藤嘉(本浦千代吉) 佐分利信(田所重喜)
緒形拳(三木謙一) 渥美清(ひかり座の支配人)

誕生祝いに長男がデジタルリマスター版をプレゼントしてくれました。

脚本が素晴らしい
映像が美しい
音楽が涙を促す

終盤・・・
捜査会議と放浪の旅と「宿命」コンサートの・・・緊迫感。

こんな名作をTVで何度もリメイクしても・・・・
いくらイケ面をつかってもかないっこないのにどうして作るのか?気がしれん。

蛇足ながら・・・
島田陽子さんの乳房(ちょっとちいさめながら)に釘付けになった不良爺です(笑)

佐々部監督シネマナビにも紹介されてました。

http://www.navitown.com/weekly/cinema/dvd/0929.html


『さらば友よ』(1968年)
監督 ジャン・エルマン
出演
アラン・ドロン  チャールズ・ブロンソン

ブロンソン観たさにネットで購入。

冒頭の船からおりて2人が歩く・・・
グラスにコインを5枚入れる・・・
閉じ込められた金庫室での2人のやりとり・・・

どのシーンも良いのだがこの映画やっぱり
ラストが秀逸。
目を合わせず・・ブロンソンのくわえたばこにマッチの火を差し出すドロン。
そしてブロンソンの決め台詞「イェー!」をボソッと・・受けてドロンが大きく「イェー!」

〈ダーバン〉のドロンvs〈マンダム〉のブロンソン。(古!)
何れもカッコいいけど僕はイケ面のドロンよりブ男のブロンソンが好きです。
よってイケ面の長谷部よりブ男の長友が好きです。
(多少のやっかみも無きにしも非ず(笑))









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
周南映画祭、お疲れさまでした。

2本の素晴らしい作品に思わず反応…
「砂の器」、デジタルリマスター版を持っていたのですが、小学館から出ているDVD・BOOKの松本清張傑作選も購入してしまいました(笑)。
ホントにTVでリメイクする理由が分からず…どうやってもこの作品を超えることは無理と思います。

「さらば友よ」
僕は断然アラン・ドロン。これ以上の美しい顔はあり得ない…。あ、最近観た「アジョシ」のウォン・ビンの顔が匹敵するかも…。発売されているドロン作品はすべて持っています。「サムライ」のDVDを発売してほしい。
ブロンソンも良いけど、やっぱりこの人、脇で映える俳優さんだと思います。
<ダーバン>のCM、You Tubeでいっぱいアップされてます。こちらもカッコいい!
K-sasabe
2011/12/04 09:44
K-sasabeさま
周南映画祭で久しぶりに観た
『三本木農業高校、馬術部』
改めて青春映画の珠玉の名作だと思いまた。『チル夏』と本作は邦画青春映画の双璧ですね。
公開当時なんで話題に成らなかったのか残念でたまりません。

ドロンの「サムライ」
ブロンソンの「メカニック」
観たいなぁ〜。


晋の字春風
2011/12/04 11:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
初冬の夜長に・・DVD おもしろき事も無き世を面白く…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる