おもしろき事も無き世を面白く…

アクセスカウンタ

zoom RSS 親想う心・・子を想う心

<<   作成日時 : 2013/06/16 14:13   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

映画『はじまりのみち』於:下関シアターゼロ
監督 原恵一 脚本 原恵一
出演:加瀬亮(木下惠介(正吉))・ 田中裕子(木下たま)
ユースケ・サンタマリア(木下敏三)・ 濱田岳(便利屋)


私好みの映画だった。

〈 親思う心にまさる親心けふのおとずれ何ときくらん〉
吉田松陰の辞世のひとつだが、息子が母を思っての疎開。
疎開先で母が息子に『木下惠介の映画を観たい』という
場面は涙なくしては観られなかった。

加えてオールド映画ファンにはたまらない木下映画の数々の挿入。
それも本編と繋がっていて・・・。

宮アあおいのワンカットだけで勿体ない使い方だったが・・名作『二十四の瞳』(1954年)
を手カメラで追う河原のシーンは良かった。


木下映画で私の一番好きな『喜びも悲しみも幾歳月』(1957年)
『新・喜びも悲しみも幾歳月』(1986年)
のラストシーン
大原麗子が「戦争に行く船でなくて良かった」という台詞。
『陸軍』にかぶせて有り見事でした。

木下惠介監督の生誕100周年記念作品という割には松竹さん宣伝とかしてないのは・・何故?
ただいま絶賛(ではないが)公開中皆さん是非映画館へ・・・(笑)

蛇足
息子と母のクライマックスシーン
カメラは息子のみを追って母は斜め横顔。
それから息子にズームして・・また戻って
息子の正面、母の斜め横顔。
ここ!母の正面からのアップを観たかった。




画像


画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も映画館で観てきました。
母と子を題材にした作品にめっぽう弱く・・・
写真2つ目のシーンで涙のバルブが崩壊。
全体を通して一番好きなシーンでした。

多くの方に観て頂きたい作品ですね。^^
自由人
2013/06/17 00:35
自由人さま
写真2つ目のシーン、良かったですね。
それと3つめのシーンも・・・。
監督と知らずにカレーライスの便利屋さんが「陸軍」を褒め称える・・。
まさに監督冥利につきる・・・(*^^)v
晋の字
2013/06/18 18:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
親想う心・・子を想う心 おもしろき事も無き世を面白く…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる