おもしろき事も無き世を面白く…

アクセスカウンタ

zoom RSS 〈鳩〉の暗示

<<   作成日時 : 2013/07/22 12:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

『愛、アムール』於:下関シアター・ゼロ
監督 ミヒャエル・ハネケ
出演
ジャン=ルイ・トランティニャン(ジョルジュ)
エマニュエル・リヴァ(アンヌ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第65回カンヌ国際映画祭で、最高賞にあたるパルムドールに輝いたヒューマン・ドラマ。
長年にわたって連れ添ってきた老夫婦が、妻の病を発端に次々と押し寄せる試練に向き合い、
その果てにある決断をする姿を映し出す。(シネマトゥデイより)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

音楽家の老夫妻が主人公なのに
ほとんど音楽が無く(教え子のピアノ演奏、本人のピアノ演奏がちょこっと)
淡々と夫妻の会話、夫の妻への介護が進んでいきます。

そしてラスト
2度目の〈鳩〉登場。
ここから一気に観客は突き放され・・・エンドロールも無音で粛々と。

さぁ観客の皆さんこの映画の行間が読めるかな?
じっくり思い悩んで下さい。
と、監督が云ってるような・・・。

本映画の何百分の一かの体験が有り妻を亡くした身としては
老夫妻の心情を思うと・・辛く、悲しく・・正視能わずのシーンもあった。

好きな映画では無かったが心に奥にずっしり残る映画でした。

蛇足
チラシコピー「人生はかくも長く、【哀しい】」と映画館を出て空見してしまった。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
〈鳩〉の暗示 おもしろき事も無き世を面白く…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる