おもしろき事も無き世を面白く…

アクセスカウンタ

zoom RSS 休日午前の独り名画座

<<   作成日時 : 2014/11/23 16:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

『ある日どこかで』原題Somewhere in Time(1980年)DVDにて
監督/ヤノット・シュワルツ
出演者
クリストファー・リーヴ
ジェーン・シーモア

画像

佐々部清監督から拙ブログにコメントされた記憶に残る女優さん・・・
その3〈ジェーン・シーモア〉

ある脚本家が自作の初舞台後の打ち上げで老婆から年代物の懐中時計を渡されます。
「かえってきてね」
ここから物語は始まり・・・。

いろいろ苦労して(実に真摯に)1912年にタイムスリップしてその老婆に会いに行くのですが・・・
湖畔での邂逅で彼女の「あなたなの?」に自然に繋がっていきます。

その時(1912年)舞台女優だった彼女が劇中劇で筋書きを変えて、観客の彼に宛て愛の告白。
「アイ ラブ ユー」
舞台がはねての記念写真

画像


この写真がグランドホテルの資料室に飾られていて・・・それを眺めてタイムスリップへの努力が始まるのですが、見事な構成で正に映画の醍醐味を味わいました。

洋の東西を問わず昨今の映画にはない、哀愁漂う大人のラブロマンスの名画でした。

画像


最終
懐中時計とコインで・・・・唸った。
嗚呼、切なかった。

蛇足
監督お薦めの3映画どれも佳かったですが、敢えて云えば本作が一番好きかな(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
公開時、まったくヒットしなかった作品。
でも、世界中にマニアがいる作品です、まるでチルソクのように…(笑)合成などがチャッチイのもご愛敬です。
ジョン・バリーの音楽も素晴らしいですし、ラフマニノフのラプソディーも…。
ジェーン・シーモアは「007/死ぬのは奴らだ」のヒロインでもありますね。ロジャー・ムーアのボンド第1作目です。
K.Sasabe
2014/11/23 22:15
K.Sasabeさま♪
「みやこほっこり映画祭」お疲れ様でした。
どなたかのFBによると懇親会?では「なごり雪」合唱も有ったようで・・(*^^)v

ラフマニノフのラプソディー。
監督のコメント頂き、ちょっと調べました。

クリストファー・リーヴが何気に口ずさんだ時、まだ作曲されてない。で、彼女は初めて聴く良い曲っとの台詞、それがあの特注オルゴールに。
なるほど・・って、またまた唸ってしまいました。
「007」ショーンコネリーのは全て観ましたが、「死ぬのは奴ら」は残念ながら観てません。
ボンドガールとスーパーマンがこんな切ない物語を・・と思うとなんか感慨深いです。
晋の字春風
2014/11/24 14:39
ほっこり映画祭、ホントにほっこりでした(笑)
集客のあまりの少なさに心配になりましたけど…

懇親会の最後の最後に緒方明監督と司会者にムチャぶりされて、緒方さんのギター伴奏でなごり雪≠唄わされました。まあ、これもほっこりでした。
巌流チームも二人参加でしたから、レポートしてくれるといいのですが…。

「ある日どこかで」
下関のN村君は朝まででも語るでしょう(笑)
K.Sasabe
2014/11/24 15:42
K.Sasabeさま
こんどN村君と朝まで語り合いたいものです。

FB、ツイッター、ライン、等々発信情報が多くて拙ブログを覗きにくる方もすっかり減りまして・・。
まぁ自分の忘備録のようなものですから良いのですが・・(笑)
晋の字春風
2014/11/29 11:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
休日午前の独り名画座 おもしろき事も無き世を面白く…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる