おもしろき事も無き世を面白く…

アクセスカウンタ

zoom RSS 邦画名作2本小倉昭和館にて

<<   作成日時 : 2014/11/26 23:36   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

『新幹線大爆破』製作/1975年
監督/佐藤純彌
出演/高倉健・ 山本圭・宇津井健・千葉真一



画像

およそ40年前がら〜んとした映画館で観た映画。
以後ビデオでもテレビ放映でも観てなかったが、鮮明に各シーンを覚えている映画。
改めて観て爆破犯、国鉄マン、警察、乗客、四者の視点から描かれたやっぱり傑作映画だった。
乗客の我儘、高度成長期の世相が皮肉っぽく。
警察の横暴ともいえる捜査。
国鉄マンの責任と矜持。

爆破犯、重大なる事件を起こしたのだから憎むべきなのだが、不謹慎ながら応援しながら見入ってしまった。
山本圭、全学連くずれの知的な役。素晴らしかった。

言わずもがな、高倉健さんはかっこ良かった。銃弾を浴びてのストップモーション。
心に残るラストカットでした。


『張込み』製作/1958年
監督/野村芳太郎
原作/松本清張
脚本/橋本忍
出演/大木実・ 宮口精二・ 高峰秀子・ 田村高広

往路は急行「薩摩」
主要駅で停車しながら目的地佐賀へ向かいます。
猛暑、猥雑、これからの苦労が予想される車内。

車中の乗客に自身の学生時代を思い出しました。通路で寝たし、満員の車内で煙草も喫ってた・・て。

佐賀での張込み
犯人が会いにくると思われる女性役に高峰秀子。
淡々とした日を過ごす平凡な女が田村高広演じる男が現れての半日だけ、熱い情念一杯の女に変貌する
“さま”に目を見張ります。デコちゃん上手いなぁ〜。

復路は佐賀から急行「西海」
佐賀から東京までの停車駅をアナウンスされます。
長かった張り込みも終わり、女のこれからの人生がまた平凡に戻るかのよう無機質に・・・。
憎くて上手い、橋本脚本、野村演出。

画像



〈参照〉佐々部清監督シネマナビ
    http://sasabe-2.net/cinemanavi.html
    2,006年5月26日号。2012年5月3日号


蛇足
高倉健さんの急逝でこの日もテレビクルーが昭和館に来てました。
危うく写すされそうになりコメント取られそうに・・とっとと逃げました(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
邦画名作2本小倉昭和館にて おもしろき事も無き世を面白く…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる