おもしろき事も無き世を面白く…

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画初め

<<   作成日時 : 2016/01/10 23:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

ブリッジ・オブ・スパイ(於:シネマサンシャイン下関)
監督:スティーヴン・スピルバーグ
脚本:ジョエル&イーサン・コーエン

画像

出演:トム・ハンクス(ジェームス・ドノヴァン)
   マーク・ライランス(ルドフル・アベル)

10代の頃米国の偵察機「U-2」が ソビエトに撃墜された事件は新聞で読んでおぼろげに記憶が有る。
その時のパイロットとソ連のスパイの交換の物語。

ベルリンの壁が構築される暗く重い時代が忠実に映し出されていてスクリーンに釘付けになりました。
画像

ドノヴァンの弁護士としての矜持。交渉人としての信念。家庭人としての温もり。トム・ハンクスはやっぱり名優ですな。

昨年、スパイ物を4本観たが本物のスパイはアベルのように目立たずひっそりと活動してるんだろうけど、演じたマーク・ライランス(知らない俳優だったが)も素晴らしかった。


国と国は理解し難くとも個と個は信頼関係を築き友情を育める・・
アベルが交換場所の橋ですぐに向こう岸に渡らなかったシーンに落涙。

アベルに待ちうける悲しい運命を予感させるハグ無し後部座席のくだり・・
そんな重いラスト近くを、ドノヴァン帰国後の奥さんや子供たちのエピソードが救ってくれました。

蛇足
スピルバーグ、僕より1歳年上だが、初期の頃のような「刑事コロンボ/構想の死角」「激突!」「ジョーズ」
のような娯楽映画、もう一度撮って欲しいなぁ〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
再開おめでとうございます。良かった良かった・・・。
中島けん
2016/01/12 09:11
中島けん様
コメント有難うございます。
また少しづつ映画の感想など書いていこうと思っています。
下関では単館系の映画がなかなかかからず残念です。
中島さんが支配人をされてた頃が懐かしく思い出されます。
晋の字春風
2016/01/12 16:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画初め おもしろき事も無き世を面白く…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる