おもしろき事も無き世を面白く…

アクセスカウンタ

zoom RSS 初遠征〜渋谷一泊〜(1/14〜1/15)

<<   作成日時 : 2017/01/19 14:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

『ゾウを撫でる』(於:渋谷シネパレス)
監督:佐々部清
原案・脚本:青島武

画像

「群盲象を撫でる」の寓話を聞いたのは中学生の頃。国語教師の話がずーっと頭の片隅に残っていた。
爾来半世紀余、象がカタカナに変換されて映画になろうとは夢にも思っていなかった。

「約束の日」という映画を撮ろうとする監督と脚本家のロケハンシーンから始まり・・・
この映画に携わる、監督、脚本家、映写技師、脚本印刷所員、大道具を運ぶドライバー、フィルムコミッション、俳優さん、マネーシャー等々の挿話が進み・・・
監督の「じゃぁ、始めようか」のクランクインで終わる。
映画への愛しみを縦糸に、日本人として決して忘れてはならない問題を横糸に織り成す映画ながら、挿話が挿話で無くなり観客夫々が、何れかの挿話を主題とする、不思議な映画として結実する。

青島脚本の妙を佐々部清監督が「映画」に対する深い愛を注ぎ込み名作が生まれ一般公開されたのがこの上なく喜ばしい。

海峡映画祭で1度
お蔵出し映画祭で2度
観てるがこたびは、スクリーン、音響ともに良かったので改めて感動した。

往復とも新幹線
関ヶ原付近は往路も復路も吹雪き状態
往路、車窓の富士山。
画像

大丸東京店で土産買ってトイレに行って乗車するのが何時ものパターン。で、ここのトイレ最高です。
画像

畏れ多くも宮城に向かって・・・・(汗)
でも、この解放感、女子にはわかんないでしょうが・・・まさに「か・い・・か・・・ん!」((笑))
で、復路も望めました愛鷹山を従えての富士の山。
画像


蛇足@
当日有ったエキストラ仲間の新年会
http://gekidan-ganryu.at.webry.info/201701/article_1.html

蛇足A
映画「約束の日」ぜひこのキャストで映画化して欲しいなぁ〜。

蛇足B
佐々部監督は「映画に愛をこめて〜アメリカの夜〜」(フランソワ・トリュフォー・1973年)の日本版・・・みたいなこと仰しゃってますが断然、本作の方が佳いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
やはり、深い深〜い作品なんですね。
1月22日(日)夜、今一度、渋谷シネパレスにて味わって参ります。
目黒川シュウゾウ
2017/01/19 23:38
目黒川シュウゾウ様
22日行かれるんですね。いいなぁ〜。
晋の字春風
2017/01/20 09:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
初遠征〜渋谷一泊〜(1/14〜1/15) おもしろき事も無き世を面白く…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる