いつか読書する日

画像
監督 緒方明
脚本 青木研次
音楽 池辺晋一郎
出演 田中裕子 、岸部一徳 、仁科亜季子 、渡辺美佐子 、上田耕一

毎朝黙々と牛乳を配達する女.。
それを飲みもしないのに取ってる男。

自転車で通勤する女。
それを追い越す電車で通勤する男。

淡々とレジを打つ女。
その横のレジで精算する男。

30年前の恋にこだわり独身を通す女。
その恋にこだわりながらも妻を誠心誠意介護する男。

男「ずっと思ってきたこと。したい」
女「……全部して」
ぎこちない50男と50女の最初で最後の秘め事は、面映ゆく…少し可笑しく…見応えあり。

男の最後の最後の笑顔…。ずっと思ってきたことをなし得た満足か…妻への十二分の介護への満足か…人として少年を助け得た満足か…

女の最後の台詞「本でも読みます。」
そして牛乳配達を終え、丘の上の凛とした佇まい。

片道3時間かけて大分市「シネマ5」まで出かけた甲斐のある良い映画でした。
こんな秀作の上映館が少なすぎますよね。世の中の映画館オーナーは何を考えているのでしょうか?
余談ながら…
「チルソクの夏」の遠藤郁子が30年経って新聞配達から牛乳配達にアルバイト替えしたのかと…思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 草莽の志士

     離れて橋の向こう側にいる知人(幼馴染み)に向けてこの映画の主人公が名前を呼ぶシーンがありました。「○○さーん!」と何度呼んでも声が届きはしないと察した主人公が意を決して「○○ァー!」と叫びます。何気ないシーンかも知れませんが僕はこの時に鳥肌が立ちました。まるで、僕が今も恋焦がれている女性(幼馴染み)に大声で呼び止められた気がしたのです(笑)。忘れられないシーンとなりました。
    2005年08月07日 09:42
  • 春風

    草莽の志士 殿
    そうですね…、いゃ~あの場面本当に素敵でしたね。私もクスッと笑いました。30余年前の女友達は今では私のことを「○○さん」とさん付けですが…
    チルソクの夏をみたあとメールが来ました。その時「○○君」のお陰で久しぶりに良い涙を流しました。と有り…なんか君付けは嬉しかった(笑)
    2005年08月07日 17:31

この記事へのトラックバック